仕事 転職

【体験談】使ってよかった転職エージェント|利用するコツ!

2020年6月1日

 

転職エージェント?って方は多いと思います。

転職したい時は…

ハローワークの登録
転職サイトに登録
と連想するでしょう。

実は利用すると便利な転職エージェントについて、採用する側(求人側)と利用する側(求職側)双方を経験した上で、使って良かった点や利用で失敗しないようにするコツなどを交えて説明します。

 

転職エージェントのサービス

転職エージェントは、自分にあう企業の求人を探し、面談から採用までサポートしてくれるサービス。無料で会員登録ができて、いろんなサービスを利用できる

転職サイトと比較すると…

転職サイトと併用することで、転職サイトの良さを活かしつつ、転職エージェントでしかできないことも利用できるので転職活動がやりやすくなる

転職サイトと併用する有効性は…

  1. 転職サイトには出ていない求人もある(掘り出し物)
  2. 選考が通りやすい書類の書き方などを客観的にみてくれる(自分では気づかない部分)
  3. 応募後、面接日程調整や条件交渉もしてくれる(面倒なことを代行)

ゆっくり転職活動をする場合は利用するまでもないが、仕事をしながら良い転職先を見つけたいと思うなら、転職サイトとのいっしょに利用をおすすめ!

 

 

おすすめの転職エージェント

 

おすすめ① リクルートエージェント

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/

人材サービスの最王手『リクルートホールディングス』傘下の人材採用事業会社『リクルートキャリア』が運営する転職支援サービス。

使って良かったところは…

  1. 非公開も含めた求人数が業界トップクラス!(転職実績もトップクラス)
  2. ツールが使いやすい!(スマホアプリもあって、どこでも確認可)
  3. 対応が早い!(要領が良く、要望に対する回答が早い)

気を付ける点は…

マッチした求人紹介のメール数が多く、1メール内も複数記載してあるので、情報で有益な情報も埋もれがちです。リクルートエージェントの場合は、最初は条件を絞ったほうがよい。

野良KEN
自分で登録ページに行って登録しました。とにかく紹介量はNo.1。担当によって差はあるみたいですが、基本はアクティブ対応、クイックレスポンスです。

量を優先するなら『リクルートエージェント』
【アクティブ対応・クイックレスポンス!】

 

補足】リクナビNEXT

リクナビNEXT

https://next.rikunabi.com/

上記の『リクルートキャリア』が運営する転職サイト。

同じ会社が運営しているので連携力は抜群!併せて登録するも良し、転職サイトで十分の場合は単体で登録するのもあり。(転職を検討している方はほぼ登録済みでしょうけど…)

注意点として、リクルートIDを持っている方は、そちらに利用しているID(メールアドレス)を使ったほうがよい。リクルートIDリクナビNEXT会員IDリクルートエージェント会員IDのメールアドレスが違うと後で大変になるので、できるだけ同じメールアドレスを使う。

野良KEN
自分はリクルートIDを持っていましたが、NEXTエージェントを登録するときに違うメールアドレスを使いダブり登録が発生して面倒なことになりました。リクルートIDは『じゃらん』や『Ponta』にも連携していて修正に骨が折れました。

 

おすすめ② JACリクルートメント

JACリクルートメント

https://www.jac-recruitment.jp/

1988年設立の人材紹介を専業とする企業。海外のグループ会社とのネットワークは強みで、外資や海外転職が比較的得意。

外資・海外転職の印象はあるが、実は国内の案件もそつなく保有。量より質の印象。

使って良かったところは…

  1. 職歴を活かした質の高い求人を紹介!(年収も比較的高め)
  2. 求人提案も要所をついてわかりやすい!(担当者が比較的優秀)

気を付けるところは…

比較的に国内の案件数は少ないので、リクルートとは逆で希望条件は絞りすぎないほうが良い。

野良KEN
ビズリーチでアプローチされて登録。転職した2年後にも有益な提案をもらいました。最終的にはお断りをしましたが、その担当者も過去の担当者も良い対応でした。

質を優先するなら『JACリクルートメント』
【キャリアに自信があるなら年収UPを目指す】

 

 

おすすめ③ dodaエージェント

doda

https://doda.jp/

人材サービス大手『パーソルホールディングス』傘下の転職事業会社『パーソルキャリア』が運営する転職サイト。※旧会社名『インテリジェンス

転職サイト?って思われたでしょうが、無料で受けられる転職支援サービス(エージェント機能)があるので、『転職サイト&転職エージェント』といった感じ。

良いところは…

  1. 多くの求人から希望に沿って絞った提案!(比較的高評価)
  2. 面接サポート・応募書類アドバイスあり!(実は有益なサービス)

気を付けるところは…

複数の知人に評判を聞くと担当者による格差は大きいとのこと。こればかりは事前に対処することはできないが、自分の未来がかかっているので、しっかりと要望を伝える。

野良KEN
正直に言うと、まだ使ったことがないのですが、使ったことがある知人の評判が良くて、もし再度転職するなら使ってみたいエージェントです。

希望通りに転職するなら『dodaエージェント』
【量はあるけど情報に埋もれず質を追求!】

 

 

転職におすすめなサービス

【転職診断サービス】ミイダス

ミイダス 

https://miidas.jp/

上記の『doda』を運営するパーソルキャリアのグループ会社である『ミイダス』が提供するサービスです。

ミイダスのサービス内容は…

  1. 自分の市場価値を判定(市場価値=年収)
  2. 企業からのオファーを受けられる(登録して待つだけで届く)

便利なメニューは…

  1. コンピテンシー診断(行動特性から職務適正がわかる)
  2. パーソナリティ診断(個性の活かし方をアドバイス)
野良KEN
登録して必要項目を入力すると『現在の市場価値○○万円』って表示され、ドラゴンボールのスカウターみたいでおもしろいです。ちなみにパーソナリティ診断は当たっています。ストイックだとバレました。

 

【総合サービス】ビズリーチ

ビズリーチ

https://www.bizreach.jp/

2007年創業の企業で、日本初求職者側が課金するタイプの転職サイトを運営

ビズリーチが選ばれる3つの理由

  1. プラチナスカウト
  2. 厳選された企業・ヘッドハンター
  3. クオリティーの高い求人

引用元:ビズリーチ会社HPより

転職サイトでありながら、ヘッドハンタープラットフォーム機能も備えています。

有料プラン機能『プラチナスカウト』は、優良企業やヘッドハンターなどから直接スカウトが来ます。会員登録時に条件を満たすと合計60日分以上の『プラチナチケット(有料プランを無料で使える)』がもらえるので、短期決戦であれば有料プラン無料で使って転職することも可能です。

※周年記念など不定期にプラチナチケットがもらえるので、会員登録継続でも便利!

『ヘッドハンター』って?

転職エージェントと比較すると、年収500万円以上の幹部候補やハイキャリアの人材斡旋がメインで、企業のトップ案件など秘匿性が高い求人を保有。

一言で言うと『ハイキャリア専門のエージェント』といった感じ。

ヘッドハンターだけではなく、大手転職エージェントからもアプローチあり。

野良KEN
最初は採用する側で接点。登録後は延べ数十社のヘッドハンターや大手転職エージェントからのアプローチがあって、幅広い紹介や情報を得られました。サービスを十分に堪能!

『ビズリーチ』は多くのヘッドハンターとつながる!
【年収500万円以上なら併せて登録必須!】

 

 

転職エージェントのアドバイス(失敗しないコツ!)

① 履歴書・職務経歴書は自分をプレゼンする資料!

履歴書・職務経歴書は自分自身をプレゼンする資料です。面倒ですが、自分の年収が決まることなので、しっかり記入しましょう。

ビズリーチの登録時に、履歴書・職務経歴書を作るステップがあるのですが、スカウトされるために考えられたひな形なので大変参考になります。ビズリーチは無料登録して履歴書・職務経歴書を作るだけでも価値があり、自分もそのひな形を参考に自作したものを使っています。

採用する側の立場で見ても、履歴書・職務経歴書の内容で初動や面接対応を変えます。良いものはマネをして、頻度良く修正し続けることをおすすめします。

ポイント

職務経歴を書く時は、自分のキャリアの中で一番自信があることをアピールして書いてください。なんでもできるは一見よさように感じますが、裏を返せば何が得意なのかわからないとも言えます。採用する企業も転職エージェントも何が得意なのかわかるようにするとスムーズに進みます。

② 希望条件は具体的に伝える!

転職エージェントは転職希望者の味方なので、採用側には言えない本音を共有しておくとよいです。転職エージェントにも遠慮して曖昧に回答すると、いつまでたっても意中の求人は来ません。

希望条件は明確に伝え、意中の求人が見つからない場合は、転職エージェントと相談しながら範囲を広げていくことをおすすめします。

ポイント

転職時期は定まっていない場合でも、『条件が合えばすぐに転職したい』と伝えてください。転職エージェントや採用する企業側の立場で考えると、できるだけ早く採用したいと考えるもの。基本は転職時期が早い方を優先して動きます。実際に条件が合えば転職したいと思っているならウソをついてはいません。

③ ヘッドハンターは短期決戦!

ヘッドハンターは表に出てこない求人を紹介してくれるので大変貴重ですが、少数精鋭で多くの転職希望者を抱えているので、ゆっくりしていると急に連絡が来なくなります。

紹介された求人に興味があれば、できるだけ早く回答することが重要です。運良く合格して入社を決めるかどうかは最後に決めることですので、基本はどんどんと進めることをおすすめします。

ポイント

ヘッドハンターは非常にシビアです。エージェントでは言ってくれない求職者の弱点をズケズケと言って来られる方もいます。直すところがあるとポジティブに考えてください。
あと、エージェントよりも長くは待ってくれないので、求人の判断は早いほうがいいです。受験しない場合は、急にフェイドアウトされるよりは、こちらから辞退したほうがストレスはないです。

 

 

転職エージェント【結論】

『転職エージェント』は無料で使える転職支援サービス

量を優先するなら『リクルートエージェント』

質を優先するなら『JACリクルートメント』

希望通りに転職するなら『dodaエージェント』

『ミイダス』で自分の市場価値がわかる

年収500万円以上の方は『ビズリーチ』登録必須

自分の一番自信があることを明確にする!

 

-仕事, 転職
-, , ,

Copyright© 野良KENのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.