投資分析 資産運用

【投資分析】日本経済の予言本を読んでみた!ポピュリズム?

 

「日本経済は今後どうなるんだろう」って不安になりませんか。

この記事は、その日本経済の有識者などの見解を元に、投資先を連想する内容です。

厳しい業界もありますが、追い風の業界もたくさんあります。

ポジティブに、シンプルに、可能性を探ります!

今回は以下の本より、単純連想します。(全7記事のうち、第6弾目)

 

日本経済 予言の書

本著で書かれている2020年代に訪れる7つのショック

  1. アフターコロナ ショック
  2. トヨタショック
  3. 気候災害ショック
  4. アマゾンエフェクト
  5. 人口ピラミッドの崩壊
  6. ポピュリズムショック
  7. デジタルショック

を軸に日本経済の行方について予言を書かれています。

その予言を深ぼって悲観的になるのではなく、その予言から連想される業界を分析するきっかけにしようと思います。連想によって本著内容から大きく外れていきますが、それが狙いなのでご容赦ください。

予言の詳細を知りたい方は本著を買って読んでください。

今回も銘柄実績を見るためのリンク先には『バフェット・コード』を利用しています。感謝!

 

 

本著の予言6『ポピュリズムショック?』

ポピュリズム”=大衆主義、大衆迎合による政治姿勢。

一番有名なポピュリズムな出来事…

2016年のアメリカの”トランプ大統領”誕生…

米中で保護主義がエスカレートして起きた関税戦争…
・関税を引き上げるとともに、従来の貿易協定も二国間交渉で大きく見直し
・中国も報復的な関税の見直し…

それによって…

(米国による)ステンレス鋼などを中心とした関税引き上げ

(中国の)アメリカへの輸出が減少…

(日本の)中国への工作機械や電子部品などの原材料の輸出にもブレーキ…

米国のポピュリズム政権による保護主義によって、日本の経済も大きく影響を受ける。

ーーーーーーーーーー

本著に書かれた類似例①…

(英国)2016年に誰も得しないと言われたEU離脱が国民投票で決議…

”ボリス・ジョンソン首相”はそのブレグジット推進派の筆頭

英国のEU離脱によって、

  • 通関が不安定、新たなコスト増が発生する。
  • 英国経済が停滞する可能性が高くなる。

日系企業の多くが拠点移転をせざるを得ない状況。

ーーーーーーーーーー

本著に書かれた類似例②…

(韓国)反日的なメッセージを繰り返す文在寅大統領が2017年の選挙で当選…

文政権による日韓関係…

  • 2018年 徴用工訴訟問題の再燃
  • 2018年 レーダー照射問題
  • 2019年 日本のホワイト国除外によって、韓国も対抗除外
  • 2019年 GSOMIA(日韓秘密軍事情報保護協定)破棄表明(結果は継続)
  • 2019年 韓国国民による日本製品不買運動

険悪な状況によって、日本企業の業績にも大きく影響を与えている。

ーーーーーーーーーー

上記通り、ポピュリズム政権の自国保護によって、貿易に関わる経済が大きく影響を受けることを体験した。そして、今後の世界各国もポピュリズムが主流となっていく可能性は十分に高いであろう。

ーーーーーーーーーー

2020年は11月に米国大統領選挙というビッグイベントがある。今までの流れだと、トランプ大統領の再選が高いのかもしれないが、今年に入っての風潮は五分五分の状態にある。

  • 人種差別への抗議でも(白人警察官による暴行死が発端)
  • 米中対立悪化(ファーウェイを中心とした中国企業の排除等)

といった出来事も発生していて、もしかしたら行き過ぎたポピュリズムの揺り戻しも起こりかねないので、政権交代の可能性もあるかもという考えもよぎる。

ここでは、可能性は低いのかもしれないが、本記事の流れから逆張って、政権交代によるリスクヘッジの銘柄を連想してみる。

 

 

政権交代によるリスクヘッジ

どちらが大統領になってもwithコロナであることは変わらないので、コロナウィルスによって需要が伸びた業界は選挙の影響は受けづらいと思われる。

withコロナでも伸長すると予想される業界は…

  1. テレワーク(リモートワーク)
  2. オンライン学習
  3. ゲーム
  4. 宅配(特にフードデリバリー)

ーーーーーーーーーー

テレワーク連想する銘柄は…

  1. ネットワンシステムズ(7518)テレワーク総合支援。
    https://www.buffett-code.com/company/7518/
  2. チェンジ(3962)テレワーク環境支援。
    https://www.buffett-code.com/company/3962/
  3. サイボウズ(4776)テレワーク対応グループウェア提供。
    https://www.buffett-code.com/company/4776/
  4. テラスカイ(3915)クラウド型グループウェア提供。
    https://www.buffett-code.com/company/3915/
  5. オプティム(3694)テレワークでの業務可視化支援。
    https://www.buffett-code.com/company/3694/
  6. ソリトンシステムズ(3040)セキュリティに強み。仮想デスクトップ提供。
    https://www.buffett-code.com/company/3040/
  7. システム情報(3677)仮想デスクトップ提供。
    https://www.buffett-code.com/company/3677/
  8. アセンテック(3565)仮想デスクトップ提供。
    https://www.buffett-code.com/company/3565/
  9. ブイキューブ(3681)Web会議システム提供。
    https://www.buffett-code.com/company/3681/
  10. Chatwork(4448)ビジネスチャット展開。
    https://www.buffett-code.com/company/4448/

引用元:バフェット・コード 企業概要より

テラスカイ』は2020年2月期は大きく伸長。2021年2月期もエンジニア採用が大幅に伸ばせないと仮定した控えめな予想であったが、1Q決算で上振れがあって株価が上昇した。今が一番のターニングポイントであるので、攻め続ければステージがあがると思われる。

ーーーーーーーーーー

オンライン学習』で連想する銘柄は…

  1. リクルートHD(6098)※オンライン学習ツール『スタディサプリ』提供。
    https://www.buffett-code.com/company/6098/
  2. ナガセ(9733)※『東進ハイスクール』展開。オンライン学習も充実。
    https://www.buffett-code.com/company/9733/
  3. チエル(3933)学生向けオンライン学習システム提供。
    https://www.buffett-code.com/company/3933/
  4. すららネット(3998)学生向けオンライン学習教材を提供。
    https://www.buffett-code.com/company/3998/
  5. EduLab(4427)オンライン学習サービス提供。英語学習に強み。
    https://www.buffett-code.com/company/4427/
  6. レアジョブ(6096)オンライン英会話展開。
    https://www.buffett-code.com/company/6096/
  7. メディアシーク(4824)EdTechを強化。
    https://www.buffett-code.com/company/4824/
  8. クシム(2345)e-ラーニング、オンデマンド(注文対応)学習に強み。
    https://www.buffett-code.com/company/2345/

引用元:バフェット・コード 企業概要より

EduLab』も今期の業績は好調。来期予想次第では一段高も狙える位置。2019年に大きく株価があがった『レアジョブ』は来期予想が控えめのために、現状株価は横ばい。上振れすることがあれば水準訂正になる可能性もあるのでおもしろい。

ーーーーーーーーーー

ゲーム』で連想する銘柄は…

  1. 任天堂(7974)※『あつまれ どうぶつの森』↗︎
    https://www.buffett-code.com/company/7974/
  2. ソニー(6758)※『Ghost of Tsushima』↗︎。実はソシャゲーも強い。
    https://www.buffett-code.com/company/6758/
  3. バンダイナムコHD(7832)IP(Intellectual Property=知的財産)系が強い
    https://www.buffett-code.com/company/7832/
  4. スクエニHD(9684)※『FFⅦリメイク』↗︎。IPは最強!
    https://www.buffett-code.com/company/9684/
  5. カプコン(9697)※『バイオハザード RE:3』↗︎。モンハン根強い。
    https://www.buffett-code.com/company/9697/
  6. コーエーテクモHD(3635)中国でのIP許諾の三国志が好調。『信長の野望』は傑作!
    https://www.buffett-code.com/company/3635/
  7. コナミHD(9766)eスポーツ強化。パワプロ、ウイイレ人気が高い。
    https://www.buffett-code.com/company/9766/
  8. セガサミーHD(6460)※『龍が如く7』↗︎。ソニックは世界で人気。
    https://www.buffett-code.com/company/6460/

さらに『モバイルゲーム』で連想する銘柄は…

  1. サイバーエージェント(4751)子会社Cygames。※『グランブルーファンタジー
    https://www.buffett-code.com/company/4751/
  2. ミクシィ(2121)※『モンスターストライク』コラボで好調。
    https://www.buffett-code.com/company/2121/
  3. ディー・エヌ・エー(2432)任天堂と協働。昨年赤字だが直近で復活傾向。
    https://www.buffett-code.com/company/2432/
  4. ガンホー…(3765)※新作『ニンジャラ』。パズドラ根強い。
    https://www.buffett-code.com/company/3765/
  5. コロプラ(3668)※『ドラゴンクエストウォーク』堅調。
    https://www.buffett-code.com/company/3668/
  6. アカツキ(3932)※『ドラゴンクエストZドッカンバトル』堅調。
    https://www.buffett-code.com/company/3932/
  7. Aiming(3911)※『ドラゴンクエストタクト』↗︎
    https://www.buffett-code.com/company/3911/
  8. イマジニア(4644)※『FitBoxing』順調。
    https://www.buffett-code.com/company/4644/

引用元:バフェット・コード 企業概要より

巣ごもり需要でゲース業界全体が上昇傾向であったが、来季に向けて反動も警戒が必要。特に今期に大作をリリースした銘柄は来期業績を慎重に見定める必要がある。

イマジニア』のように家でできるフィットネスは、徐々に需要が高まっていておもしろい。女性がターゲットで戦略勝ちと感じる。

ーーーーーーーーーー

宅配』で連想する銘柄は…

  1. 出前館(2484)出前サービス。加盟店舗20,000店舗以上。
    https://www.buffett-code.com/company/2484/
  2. ライドオンエクスプレスHD(6082)宅配寿司『銀のさら』中心に展開。
    https://www.buffett-code.com/company/6082/
  3. オイシックス・ラ・大地(3182)自然食品宅配大手。『Oisix』中心に展開。
    https://www.buffett-code.com/company/3182/
  4. 秋川牧園(1380)農業生産&直売。
    https://www.buffett-code.com/company/1380/
  5. ショクブン(9969)食材配達サービス。
    https://www.buffett-code.com/company/9969/
  6. エフピコ(7947)食品容器最王手。
    https://www.buffett-code.com/company/7947/
  7. 中央化学(7895)食品容器中心。中国事業強化。
    https://www.buffett-code.com/company/7895/
  8. cotta(3359)製菓食材・食品包装資材販売。
    https://www.buffett-code.com/company/3359/

引用元:バフェット・コード 企業概要より

オイシックス・ラ・大地』は、コロナを追い風にしている。競争相手も増加傾向で、成長を加速させないといけないが、成長余地もあるので楽しみ。

 

 

ポピュリズムが進む未来

ポピュリズム(大衆主義)は経済格差が生まれ、大衆の不満が増えている時に流行ってくる。

トランプ大統領の誕生以降、自国のことだけを考える政権が増えているように感じる。

イギリスのEU離脱、日韓問題、米中対立など世界の”分断化”が止まらない…

特に、米中対立は世界経済に与える影響が大きすぎる…

政治と経済は一体になりつつあり、分断することで起こる未来は正しく認識する必要がある。

血流が止まれば壊死してしまうので、今はリスクヘッジしかできないが…

未来の新しい需要を掴むためにも、未来を早く知りたいものだ!

 

予言の根拠詳細を知りたい方は、本を購入して読んでくださいね。

-投資分析, 資産運用
-, , ,

Copyright© 野良KENのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.